「農泊」が人気、なら「街泊」もイイじゃない!

最近TOJIN茶屋の近辺を中国の方だと思われる観光客が多い気がする。ゲストハウスPORTA NOVAにもちょくちょく中国からのお客さんが宿泊されているそうです。“春節”の影響なのでしょうか。確かに佐賀は、リーズナブルな航空料金の上海(浦東)便があり、然もありなんですね。

最近「農泊」が盛況です。ならば「街泊」だってやりようによってはアリだなと思います。それにはインバウンドのハートを鷲づかみする「体験プログラム」の開発が急務ですね。ゲストハウスPORTA NOVAでは、世界最大級の水路「クリーク」を活用したプログラムを検討中です。ご期待下さい!!

棚路

棚路


近年、「コト消費※1」のなかで世界中から注目を集めているのが、農村や漁村に宿泊して日本の生活を体験する「農泊」です。農林水産省の調べによると、2016年には農村漁村地域への宿泊者数は1,126万人と前年比27万人の増加となっており、訪日外国人観光客も増えているそうです。政府は、2020年までに訪日外国人観光客を4,000万人にまで増やすことを目標に掲げています。
 ※1:コト消費は、商品やサービスを購入したことで得られる、使用価値を重視した消費傾向をいいます。

 参考:訪日ラボより「【農泊】年350万円の売上事例も/コト消費&地方創生でインバウンドで注目急上昇の農泊の4つのメリットを紹介」 https://honichi.com/news/2019/02/07/inboundxnouhaku/

農家民泊

農家民泊で農業体験


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
好いとっけん すっよ!!
佐賀のにぎわい創出、コミュニティづくりの事業活動を行っています。
ふるさと納税の一部が寄付になります。
さが市民活動サポートセンターのご支援をお願いします。
http://bit.ly/2RJYRfW
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

タイトルとURLをコピーしました