平成30年住宅・土地統計調査の結果発表、佐賀県の空家7,000戸増加!

空家・空地活用システム

空家・空地と地域がつながる街づくり!佐賀県発「空家・空地活用システム」

平成30年住宅・土地統計調査の結果が総務省より発表されました。これは5年ごとに我が国の住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする調査です。

〇平成30年住宅・土地統計調査 調査の結果(総務省統計局)
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/tyousake.html

 

 

・全国の総住宅数は62,420,000戸と、平成25年の60,628,600戸と比べ、1,791,400戸(3.0%)の増加。
・全国の空き家数は8,460,100戸と、平成25年8,195,600戸と比べ、264,500戸(3.2%)の増加。
・全国の空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は、13.6%と0.1ポイント上昇し,過去最高。

それに対して佐賀県は、全国平均を遙かに超えるスピードで空家が増加している。
・佐賀県の総住宅数は352,300戸と、平成25年338,200戸と比べ、14,100戸(4.2%)の増加。
・佐賀県の空き家数は50,300戸と、平成25年43,300戸と比べ、7,000戸(16.2%)に増加し、全国平均の5倍の増加率。
・佐賀県の空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は、14.3%と1.5ポイント上昇し、全国平均の15倍の伸び率。


佐賀県の空家は5年間で7,000戸も増加しています!
この厳しい状況を憂慮して当団体では「空き家活用による中心市街地活性化計画」をを作成し、全国的にも事例の少ない「空家活用者を発掘・育成する助成プロジェクト」を立ち上げ、「街なか連携型」ゲストハウスの開設しました。

現在、更なるプロジェクト推進のためにクラウドファンディングを展開し、ご寄付を募っています。皆様のご協力を、どうぞお願い致します。


ふるさと納税でゲストハウスに宿泊、PORTA NOVA 4コース!

空家・空地と地域がつながる街づくり!佐賀県発「空家・空地活用システム」

main_img
目標金額:1,000,000
佐賀県NPO支援
寄附募集期間:2019年3月6日~2019年6月3日(90日間)

少子高齢化や都市への人口集中により、今、多くの地域で「空家」「空地」の問題に直面しています。それらが駐車場やマンションになるのも悪いことではないのですが、地元で暮らす人間としては、少し味気ない感じがしていました。

そこで、佐賀県発「空家・空地活用システム」の第一弾として実践しているのが、空家を活用したゲストハウス「PORTA NOVA」の運営です。

古民家1棟貸切の宿で、佐賀の暮らしを疑似体験できます。宿泊者からは、「はじめてきたのになんか懐かしい」、「おじいちゃん(おばあちゃん)の家に来たみたい」という喜びの声をいただいています。

このゲストハウスは、あえて不自由な点をつくっています。
シャワーはあるけどバスタブはない。なぜなら、佐賀の温泉に入ってほしいからです。
キッチンはあるけど炊飯器はない。なぜなら、近隣に美味しい飲食店がたくさんあるからです。
ゲストハウスを軸に、街なかに出かけていただき、街のさまざまな魅力に接して楽しんでほしいという想いで運営しています。


 

【平日/3名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

【平日/3名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

15,000 円

【対象者の要件】寄附金の使途に特定非営利活動法人さが市民活動サポートセンターをお選びいただき、1万5千円以上のご寄附をいただいた方

空き家だった古民家をリノベーションしたゲストハウス「PORTA NOVA」に平日1日1組限定でお泊りいただけます。
こちらのプランでは、ベッド2台(シングル1台とクイーン1台)で3名様までご利用いただけます。寝具を必要としない小さなお子様は人数に数えません。

提供者:POLTA NOVA


 

【平日/5名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

【平日/5名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

25,000 円

【対象者の要件】寄附金の使途に特定非営利活動法人さが市民活動サポートセンターをお選びいただき、2万5千円以上のご寄附をいただいた方

空き家だった古民家をリノベーションしたゲストハウス「PORTA NOVA」に平日1日1組限定でお泊りいただけます。
こちらのプランでは、ベッド2台(シングル1台とクイーン1台)と布団2組で5名様までご利用いただけます。寝具を必要としない小さなお子様は人数に数えません。

提供者:POLTA NOVA


 

【土日祝及びその前日/3名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

【土日祝及びその前日/3名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

30,000 円

【対象者の要件】寄附金の使途に特定非営利活動法人さが市民活動サポートセンターをお選びいただき、3万円以上のご寄附をいただいた方

空き家だった古民家をリノベーションしたゲストハウス「PORTA NOVA」に平日1日1組限定でお泊りいただけます。
こちらのプランでは、ベッド2台(シングル1台とクイーン1台)で3名様までご利用いただけます。寝具を必要としない小さなお子様は人数に数えません。

提供者:POLTA NOVA


 

【土日祝及びその前日/5名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

【土日祝及びその前日/5名様まで】1棟貸切ゲストハウス宿泊券

45,000 円

【対象者の要件】寄附金の使途に特定非営利活動法人さが市民活動サポートセンターをお選びいただき、4万5千円以上のご寄附をいただいた方

空き家だった古民家をリノベーションしたゲストハウス「PORTA NOVA」に平日1日1組限定でお泊りいただけます。
こちらのプランでは、ベッド2台(シングル1台とクイーン1台)と布団2組で5名様までご利用いただけます。寝具を必要としない小さなお子様は人数に数えません。

提供者:POLTA NOVA


空家・空地と地域がつながる街づくり!佐賀県発「空家・空地活用システム」

main_img
目標金額:1,000,000
佐賀県NPO支援
寄附募集期間:2019年3月6日~2019年6月3日(90日間)

佐賀の中心部に網の目のように張り巡らされた水路(クリーク)網は、先人から受け継いだ佐賀ならではの宝物です。

かつては、どの敷地にも水面にアクセスできる棚路(たなじ)と呼ばれる階段があり、小舟から荷揚げをしたり、ちょっとした物を洗ったりと、水路と人々の生活が密接に関わり合っていましたが、時代が変わりすっかりその距離が遠くなってしまいました。今では人の手が入らない空家・空地が増えて、さらに荒廃してきています。

写真
これを機に、皆さんの力で現代版の棚路を復活させ、水に近づいてその心地よさを感じることができる豊かな水辺空間が実現できれば、多くの方にクリーク文化の魅力を感じていただけるとともに、現代から未来への素敵な贈り物となるのではないでしょうか。