佐賀を水害から守るクリークの川掃除やりました!

本日は、TOJIN茶屋の東側を流れるクリークの掃除を行いました。唐人町では、共同作業として年に2回、川掃除を行います。掃除前後の写真を載せていますが、わかりにくいでしょうかね。

川掃除(前)

川掃除(後)

佐賀の街のなかには、網目のように広がる水路「クリーク」張り巡らされています。これまで幾度となく水害に襲われてきた“海抜ゼロメートル地帯”の佐賀市街が壊滅的な被害を免れてきたのは、全長2,000kmといわれるこのクリークのおかげともいわれています。クリークはいわば街なかの大きな調整池です。

ゲストハウス「PORTA NOVA」もクリークい面していますが、西日本全域を襲った苛烈な豪雨災害ために土手が崩れてしまいました。このままでは建物にも影響を与えてしまいます。そこで佐賀市中央大通りエリアマネジメント協議会では、クリークを生かした改修を市民の手で行う計画を練っています。

可能な限り改修を市民のワークショップで行いたいのですが、どうしても市民では出来ない部分や材料の費用が発生します。費用を捻出するために、ふるさと納税を活用したクラウドファンディング「ガバメントクラウドファンディング®(GCF™)」で集める予定です。クラウドファンディングの立ち上げの際には、ご協力をお願いします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
好いとっけん すっよ!!
佐賀のにぎわい創出、コミュニティづくりの事業活動を行っています。
ふるさと納税の一部が寄付になります。
さが市民活動サポートセンターのご支援をお願いします。
http://bit.ly/2RJYRfW
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★