sagasp

さがさぽブログ

“よりみちオリジナルドリップバッグ” 始まりました!

寄付付き商品よりみちオリジナルドリップバッグ(よりみちDB)2019年度も予約開始します。 皆さんに好評だった"よりみちDB "でしたが、なんと‼️2018年度くむくむの年間家賃の半分を賄うことができました。 皆さんのご協力の賜物です。 今年度も、居場所を安定して運営できるように、飲んで応援お願いします。
さがさぽブログ

「さが子どもの居場所のほん」佐賀新聞掲載!

子どもたちが家庭や学校以外で気軽に立ち寄り、ほっとできる居場所づくりの支援などを目的に、県こども家庭課が指南書を制作した。県庁や市役所、町役場などで手にすることができるほか、県の子どもの居場所ポータルサイトでも閲覧できる。  県は2017年度から、子ども食堂などへの支援事業を展開している。居場所の開設や運営でのさまざまな課題などについて、意見交換を重ねる中で情報収集し、ノウハウを冊子にして提供しようと企画した。 冊子のタイトルは「さが子どもの居場所のほん」。20ページ程度で「説明調で難しくなりすぎてもいけない。優しく分かりやすい感じに仕上げた」といい、居場所を立ち上げる前に先行事例の見学を推奨している。安全・安心に取り組むための衛生管理チェックリストも載っている。 鳥栖市や武雄市で開かれた子ども食堂の様子や1日のスケジュールもあり、具体的にイメージしやすいよう工夫した。県内の「子ども居場所マップ」も掲載している。同課は「これから居場所づくりを始めたいと思っている人だけではなく、今やっている人が改めて運営を確認する意味でも役立つ」と話している。 問い合わせは同課、電話0952(25)7056。
さがさぽブログ

ゴールドラッシュ高木瀬店様より、いっぱいのお菓子を頂きました!

ゴールドラッシュ高木瀬店様では、こども食堂のこどもたちへお菓子の寄付を、お客様にお声かけ頂いております。 お客様は、「こどもたちへ是非に」と敢えて、お菓子を買って❨替えて?❩くださるそうです。お気持ちが嬉しいですね。 19日のこども食堂は、お菓子のお土産がありますよー(*>∀<*)ノ
さがさぽブログ

小城の「佐賀みょうが塾」より箱イッパイの卵のご寄付!

小城市の佐賀みょうが塾様より佐賀こども食堂へ、箱イッパイの卵を頂きました。佐賀みょうが塾様は、NPO法人佐賀げんき会 佐賀みょうが塾が運営する就労継続支援B型事業所です。ありがとうございますm(_ _)m
さがさぽブログ

【速報】ごみダイエット大作戦 in 第48回佐賀城下栄の国まつり(詳細後日公開)

今年8月3日・4日に開催される「第48回佐賀城下栄の国まつり」でも、昨年に引き続き「ごみダイエット大作戦」を実施します。お客さんと運営の双方が気持ちよくお祭りを楽しむために、お祭りで発生する大量のゴミを減らし、分別促進するお手伝いのボランティアを募集します。詳細は後日、広報・新聞・チラシ・Web等にてお知らせします。ご協力よろしくお願いします。
さがさぽブログ

佐賀県立点字図書館から沢山の調味料を頂きました!

佐賀県立点字図書館から佐賀こども食堂へ沢山の調味料を頂きました。佐賀県立点字図書館を運営する社会福祉法人佐賀ライトハウス六星館様は、社会貢献の一環として今回の物品ご寄付を下さいました。この調味料で作った美味しい食事に、子ども達が笑顔になるのは確実ですね。
さがさぽブログ

佐賀新聞「ろんだん佐賀」よりみちステーション代表の小林由枝さんの記事

佐賀新聞の毎週日曜日のオピニオン面(4面)に掲載している「ろんだん佐賀」の2019年の執筆者に、よりみちステーション代表の小林由枝さん(武雄市)が選ばれました。小林さんは、こどもの居場所づくり関連で当団体にも多大なご協力を頂いています。
さがさぽブログ

平成30年住宅・土地統計調査の結果発表、佐賀県の空家7,000戸増加!

平成30年住宅・土地統計調査の結果が総務省より発表されました。これは5年ごとに我が国の住宅とそこに居住する世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする調査です。
さがさぽブログ

アジア圏以外からのお客様:PORTA NOVA

空家を活用したゲストハウス「PORTA NOVA」ご利用者の約64%が海外の方で、国籍は韓国、中国、台湾のアジア圏のお客さんです。 本日(4/25)トルコからお客さんがいらっしゃいました! うれしいですね!!
さがさぽブログ

駄菓子選びは主体性育成です。納得!!

小林由枝さん(よりみちステーション代表)こばやし・よしえ 1971年生まれ、岡山県倉敷市出身。兵庫教育大卒。95年、結婚を機に武雄市に移住。子育てサークル、サポーターの活動を経て2012年に放課後の子どもの居場所づくりを始める。15年に「よりみちステーション」と改称し3カ所運営。県教育委員。大学生の息子2人と小学生の娘を子育て中。武雄市。