さがさぽブログ

佐賀県みやき町で語られる音楽家になったきっかけと夢~今井了介~

~佐賀県みやき町で語られる音楽家になったきっかけと夢~ さが地域ッズサポーター(地域おこし協力隊)は、「子育てし大県さが」のもと、子育て世代が子育ての悩みなどについて、気軽に地域の人に相談できるような環境づくりのため、地域と子育...
さがさぽブログ

7/1「フードバンクさが」始動!

7月1日からフードバンク事業を開始いたしました。 これまで「フードバンクさが」のしくみづくりや、寄贈いただいた食品を大切にお預かりし、安全に必要な場所へ人へと繋ぐためのマニュアルづくりをすすめてきました。 今回、寄贈いただいたことで、しくみやマニュアルを確認する作業もでき、本当に感謝しています。 「ありがとうございました。」 今回、寄贈いただいた食品です。
さがさぽブログ

「休眠預金活用cso対話集会」メディアで報道!

 10年以上出し入れのない「休眠預金」を民間の公益活動に生かす制度が本年度から始まるのに伴い、活用策を考える勉強会が5日、佐賀市で開かれた。子どもの貧困支援や空き家対策などに取り組む県内外の活動団体の関係者25人が、新制度への理解を深め、地域の諸課題の解決に向けた活用策を巡り意見交換した。  公益財団法人「佐賀未来創造基金」(山田健一郎代表理事)が開いた。新制度は「経済的困窮など課題を抱える子どもの支援」「働くことが困難な人への支援」「安心・安全に暮らせるコミュニティーづくりへの支援」など7項目を優先課題に挙げ、団体ごとに最大1億円か2億円を最長3年間助成する。初年度の助成額は全国で30億円強という。  勉強会では、実行団体に選ばれるにはガバナンス・コンプライアンス体制を備えていること、事業費の20%に当たる自己資金・民間資金の確保が必要なことなどの注意点を確認した。その上で「空き家の発生を防ぐ事前対策に取り組みたい」「医療的ケアが必要な児童への支援内容の理解統一を図りたい」など活用策についてアイデアを出した。  新制度は9月に資金助成の窓口となる「資金分配団体」を決定、10月ごろから資金分配団体が実行団体を公募、選考し、助成を開始する予定。佐賀未来創造基金は、九州エリアの資金分配団体への認定を目指している。 10年以上取り引きがないいわゆる「休眠預金」が今年から災害支援といった公益活動に利用されることを受け、このほど佐賀市でNPO法人などを対象に説明会が開かれました。 「休眠預金」とは10年以上にわたって取り引きがない口座の預貯金のことで、全国で毎年約1200億円にのぼると言われています。 去年「休眠預金等活用法」が施行されたことで、災害支援や子供の貧困など社会的課題の解決に取り組む団体の活動資金に充てられることになりました。 今月5日には、佐賀市で県内外のNPO法人など21団体約30人を対象に説明会が開かれました。 制度では公益活動などを条件に、公募で選ばれた民間団体に助成や出資、貸付けが行われます。 一方で、休眠預金となってしまっても、金融機関の窓口に行けば預貯金はいつでも引き出すことができることになっています。
さがさぽブログ

8/24開催「子どもの居場所と支援者の”縁結び”交流会」

子どもの居場所を知り、何かできることがないかとお考えの企業や団体にとっては、最初の一歩を踏み出していただく機会です。 また、子どもの居場所に携わるみなさんは、企業や団体の取組みなどを知る機会です。 第1部は、湯浅氏の講演 第2部は、子どもの居場所と支援者・支援を考えている企業や団体が出会い、つながる交流会
さがさぽブログ

理事長山田が参議院選挙候補者討論会をコーディネート!

7月4日公示、21日投開票の参院選を控え、佐賀選挙区への立候補を予定しているお2人の公開討論会が27日に開催されました(日本青年会議所佐賀ブロック協議会、佐賀新聞社共催)。この模様はネット動画中継サイト「ニコニコ動画」で生中継され4750人が視聴されました。この動画は7月4日午後5時からYou Tubeで公開されます。 この討論会のコーディネーターを、当団体理事長の山田 健一郎が務めさせて頂きました。 =参院選さが=【公開討論会】佐賀の課題解決策は 年金や少子化対策熱弁|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE https://www.saga-s.co.jp/articles/-/394056
さがさぽブログ

「街なか唐人美術館」MOTEMOTE 掲載!!

唐人町商店街振興組合の取り組み「街なか唐人美術館」が、佐賀新聞文化センター発行のフリーマガジン「MOTEMOTE」に掲載されました。 因みに2019.07 vol.108号の表紙は、はなわさんです(^^)
さがさぽブログ

「ごみダイエット大作戦」ボランティア募集 (^O^)/

今年も 「ごみダイエット大作戦」 実施します。この取り組みには、多くのボランティアの皆様のご協力が必要です。 祭りの会場が綺麗だと、お客さんと 運営側 の両方が気持ち良く祭りを楽しめます。楽しい 「佐賀城下栄の国まつり」 にするために、ご協力をお願いしますm(_ _)m
さがさぽブログ

7/5開催「お寺de親子の癒し祭 in 壽泉寺」

【小城牛津エリア】お寺de親子の癒し祭おはようございます🌞小城エリア坂本です(∩´∀`)∩今日は地域の皆さんと地域ッズの仲間の協力で開催する、お寺de親子の癒し祭のお誘いです。「お寺de親子の癒しの祭」日時:7月5日(...
さがさぽブログ

佐賀こども食堂三周年!!

今日は、佐賀こども食堂の3周年! 食事前のお楽しみは、団扇づくり。佐賀大学の学生さん達に教えてもらって、自由にお絵かき。留学生の皆さんには、日本の団扇はどう写るのかな? いつもお土産を下さいる佐賀東信用組合さんが、光る団扇持って来られました。手作り団扇の優秀作にはプレゼントだそうです。 本日もたくさんのボランティアの皆さんが手伝ってくださいました。子ども達のお相手や、調理を手際よくこなしていました。佐賀大学の留学生や、高校生も常連ですね。 お待ちかねのお食事です。 ◆本日のメニュー  鶏手羽の唐揚げ  鶏手羽のイタリアン風煮(トマト、ズッキーニ、玉葱、椎茸)  ビシソワーズ(ジャガイモ、玉葱、椎茸)  カボチャのサラダ(カボチャ、キュウリ、人参)  浅漬け(キャベツ、大根、人参)  杏仁豆腐  茹トウモロコシ  スイカ  プラム
さがさぽブログ

さが総文 ボランティアの大きな羽広げ!

【さが総文 ボランティアの大きな羽広げ!】 「第43回全国高等学校総合文化祭佐賀大会」の大会テーマは「創造の羽はねを広げ、蒼天そうてんへ舞え バルーンの如く」だそうです。生徒がそれぞれの文化芸術活動に一生懸命取り組んでいる姿を創造の羽を広げているさまにたとえ、佐賀のバルーンのようにそれぞれの個性が活かされ青空に舞うようにという願いを込めて表現しました。 ボランティアの分野でも、大きな羽を広げてくれるようです。頼もしいですね(^^) ⇒https://sagasoubun.jp/main/3369.html #全国高等学校総合文化祭 #さが総文 #佐賀県 #ボランティア   <いま、ここ、わたし さが総文へ駆ける⑳>ボランティア部門 高垣愛里子さん(佐賀清和高3年) いろんな活動知ってほしい|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE https://www.saga-s.co.jp/articles/-/388731
タイトルとURLをコピーしました